運営団体

運営団体運営団体

「ライフサポートセンターしずおか」は「公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会」の一事業として運営しております。
「公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会」は、「静岡ろうきん」「全労済」等が「勤労者とその家族の福祉向上」を目的に1976年に設立し、
2011年4月には公益法人改革関連法に基づく公益認定を受け「公益財団法人」へ移行。
2012年4月には「ライフサポートセンターしずおか」を編入・一体化しました。

公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会

公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会

公益財団法人静岡県福祉基金協会は、勤労者とその家族の福祉を増進し、勤労者の福祉向上をめざす団体の自主福祉活動の発展を図りながら、勤労者の社会的・経済的・文化的地位の向上に役立つことを目的として、福祉事業団体などからの寄附を基金として事業展開を行っています。在職中から退職後まで、生涯にわたって充実した生活を送れるよう支援します。

ALWF

ALWFとは静岡県労働者福祉基金協会のことで、「アルーフ」と読みます。

Association:協会 Laborers:労働者 Welfare:福祉 Fund:基金

3つの事業と社会貢献活動3つの事業と社会貢献活動

教育文化事業

勤労者の仕事や生活に役立つ情報や知識について学ぶ機会や、自主的な運動により家族の生活の向上と安定を図る「自主福祉運動」について理解と周知をしていくためのセミナーなどを開催しています。
また、勤労者の幅広い文化に対する関心を高め、ゆとりあるライフスタイルの向上を目指しています。

調査研究事業

勤労者の福祉向上に寄与するための研究機関として、静岡ワークライフ研究所を設立しました。静岡県内の勤労者の生活と福祉の向上を基軸とした分野の調査研究を行うことを目的とし、地域に根ざした広範な研究・情報を的確に発信しています。
また、機関誌「WORK LOFE しずおか」や、「勤労者短観」を通じて、勤労者に役立つ情報を提供しています。

生活安定・相談事業

年金・社会保険・雇用保険の制度や手続きに関するセミナー、介護や健康に関するセミナーを開催しています。
また、『ライフサポートセンターしずおか事業部』による広く市民を対象とした、暮らし全般に亘る相談「暮らしなんでも相談」や「生きがいづくり支援(ボランティアやNPO、地域活動など)」を実施しています。

社会貢献活動

福祉向上を目指す団体などの支援、災害対策支援、NPO活動支援、その他社会全般への支援を通じ、人々が共生できる社会の実現を目指し、地域社会の活性化・豊かな発展に貢献します。

PAGE TOP